求人情報を確認するならサイトを有効的に利用しよう

資格が無くても働くことが出来るサポートの求人

リハビリテーション

作業療法士はリハビリのスペシャリスト

疾病や身体の障害などで肉体的な機能に支障をきたした場合、これを回復するために作業療法という治療が実施されます。一般的に言うところのリハビリテーションですが、医師の指示の下にこの作業療法を行う専門職を作業療法士といいます。 作業療法士は国家資格で、大学などの養成施設で必要な単位を履修したのちに国家試験に合格することで資格を得ることができます。資格取得後は医療・福祉関連施設で業務に従事することになります。作業療法士の求人がある具体的な施設としては、病院・リハビリセンター・保健所・老人福祉施設・障がい者福祉施設などがあります。求人情報は医療・福祉関連の専門求人サイトなどでチェックできます。直接雇用のほか、派遣就労のタイプもあります。

求人数も増える傾向にある

作業療法士が行うリハビリテーションは、手足を複合的に使った応用的な動作が中心となります。理学療法士が手足の曲げ伸ばしや立ったり座ったりといった比較的単純な動作訓練を行うのに対し、作業療法士の場合は手芸や工作、体操、ダンスといったより複雑な動きを通じて機能の回復を図ります。加えて、食事や掃除など日常的な動作訓練も取り入れることで、社会復帰により近づくためのサポートを行います。 現在のわが国では、高齢者や障がい者ができるだけ自立して生活できるような支援体制を充実させることが重要視されています。そのため、作業療法士が活躍する場も増加しており、求人数も伸びています。誰かのために具体的に役に立ちたいと考えている人にとってはやりがいのある職業であると言えます。